住宅ローン 比較 選び方

住宅ローン比較※失敗しない銀行選びのコツ

住宅ローンを選ぶとき何を基準に選ぶかで変わってきます。銀行選びを失敗しないために比較・検討をしっかりしましょう。

キャッツクローの効果

キャッツクローは、南米ペルー中央部の高地の密林地帯原産の樹木です。キャッツクロー=猫の爪という名前にあるようにツルの部分には猫の爪のようなトゲがあります。過酷な環境で生存してきた植物だけに強力な生命力をもっています。

 

キャッツクローは数千年前から、ペルーの先住民が万病に効く薬として利用していました。研究者がすすむにつれ、この植物が持つ成分の素晴らしさがわかり、世界の研究者や医師によってキャッツクローの研究がすすめられていきました。

 

薬用植物として、鎮痛作用、抗炎症作用、血行改善作用、免疫調整作用などがあります。そのため関節炎、リウマチ、免疫不全症、潰瘍、神経痛などの改善に効果があります。

 

有効成分と考えられているのが、アルカロイド、トリテルペン、キノビック酸グルコシド、ポリフェノール、プロアントシアニジンなどです。

 

有効成分に関する研究と医療現場での臨床検査が進むなかで、オーストリアにおいてはリウマチの治療薬として認可されています。リウマチなど自己免疫疾患の治療に効果があるのではないかと考えられる多くの臨床例が学会報告されています。

キャッツクローの抗酸化作用

ペルーを原産とする植物、キャッツクローには、炎症をおさえる効果や抗酸化作用があります。活性酸素の影響で体内が酸化する、これが老化の原因であり、発ガンの原因であるともいわれています。

 

キャッツクローは実に数千年前という大昔から、ペルーの先住民であるアシャニンカ族が万病薬として利用していました。このことが知られるようになると世界の多くの研究者がこの成分に注目して研究をすすめるようになりました。

 

キャッツクローには、鎮痛作用、抗炎症作用、血行改善作用、免疫調整作用などの人間が健康維持に必要な多くの作用をもたらす成分が含まれています。そしてなかでも知られている有効成分としてアルカロイドがあります。これには優れた抗炎症効果があります。関節炎やリウマチの症状をやわらげることにつかわれます。

 

また同様に含まれている成分で抗酸化作用があるのがポリフェノールやプロアントシアニジンという物質です。これらは活性酸素が細胞膜の脂質を酸化して過酸化脂質という有害な発ガンのもとになる物質になることを防ぎます。

 

ほかにもキャッツクローには、繊維質や糖質、ビタミン、ミネラルなどが含まれています。

キャッツクローで免疫力をアップ

キャッツクローには、免疫バランスを整えるという作用があります。免疫とは身体が本来持っている力で体内に侵入してきた異物を排除する機能です。

 

しかし食生活の乱れやストレスなどの生活環境によって免疫力は影響をうけます。そして免疫力が低下すると、インフルエンザなど病気にかかりやすくなります。また免疫力が正しく機能しないと、アレルギーや花粉症などの症状をひきおこすことになります。免疫のバランスを保つというのは必要なことなのです。

 

ペルーの密林地帯を原産とする植物でキャッツクローという植物があります。葉の根元部分に猫の爪のようなトゲがあるため、このような名前が付けられたものと思われます。キャッツクローから抽出された成分にはイソテロボディンという免疫力を増強する物質が含まれています。

 

このキャッツクローに含まれているイソテロボディンをはじめとする有効成分が身体の免疫組織を刺激することで、免疫機能が活性化され、免疫バランスが調整されます。アルカロイドの作用により最大で50%の人体の免疫機能が向上されることが報告されています。


今の景気や金利を考えると住宅ローンの借り換えも考えた方が賢いかも!
Copyright (C) 2009 住宅ローン比較※失敗しない銀行選びのコツ All Rights Reserved.